本文へ移動

【中日】石川昂が左尺骨骨折 ウエスタン阪神戦で左手首付近に死球 長期離脱へ

2021年6月25日 23時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
10回、死球を受け、手当てを受ける石川昂

10回、死球を受け、手当てを受ける石川昂

 中日・石川昂弥内野手(20)が25日、ウエスタン・リーグの阪神戦(鳴尾浜)の延長10回の第5打席に左手首付近に死球を受け、負傷交代した。球団は同日、「左尺骨骨折」と診断されたと発表した。
 この日、石川昂は「4番・三塁」で先発出場。4回に3号ソロを放つなど、第4打席までに4打数3安打3打点と活躍していたが…。延長10回、阪神の6番手・桑原の141キロが左手首付近を直撃。思わぬアクシデントに見舞われ、試合後に兵庫県西宮市内の病院を受診した。
 前日24日にはフレッシュオールスターゲーム(7月15日・松山中央公園野球場)に全ウエスタンの一員として選出されたが、出場は厳しい状況に。打撃にも守備にもかかわる箇所だけに、長期離脱は避けられそうにない。
 2年目の今季はここまで同リーグで33試合に出場し、打率2割3分8厘(122打数29安打)、3本塁打、19打点だった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ