本文へ移動

【中日2軍】ガーバーが来日初本塁打 阪神・佐藤蓮の150キロをドンピシャ

2021年6月25日 13時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回、右越えに先制ソロを放つ中日・ガーバー

1回、右越えに先制ソロを放つ中日・ガーバー

◇25日 ウエスタン・リーグ 阪神―中日(鳴尾浜)
 「レッドドラゴン」の異名をとった男のバットが、ようやく火を吹いた。中日のマイク・ガーバー外野手(28)が「3番・左翼」で先発出場。1回二死に佐藤蓮の高めに浮いた150キロを完璧に捉えると、打球は右翼フェンスを越え、1、2軍を通じて来日初となるソロ本塁打となった。
 ガーバーは打撃を期待されて4月28日に昇格するも、1軍では振るわず5月17日に2軍降格。遠征に時折帯同しないなど、心身の充実を優先し調整をしてきた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ