本文へ移動

「THE FIRST TAKE」が新プロジェクト立ち上げ  インタビューや『音楽秘話』など配信へ

2021年6月25日 10時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
THE FIRST TIMESのロゴ

THE FIRST TIMESのロゴ

 アーティストの一発撮りのパフォーマンスに特化したユーチューブチャンネル「THE FIRST TAKE」が、新たな音楽体験を味わってもらうために新プラットフォーム「THE FIRST TIMES」を25日に開設した。
 「THE FIRST TAKE」はこれまでに約150本の映像作品を制作。462万人を超えるチャンネル登録者の3割超が海外からというグローバルチャンネルとなっている。昨年は「THE FIRST TAKE MUSIC」というデジタル専門レーベルを立ち上げ、LiSA×Uruの「再会(produced by Ayase)」や、DISH//の「猫」、YOASOBIの「夜に駆ける」などの時代を象徴する音楽を生み出してきた。さらに、全国各地から送られてきた一発撮り動画の中からグランプリを選ぶオーディションプログラム「THE FIRST TAKE STAGE」も現在進行中で注目を集めている。
 そして、“音楽愛”をより多面的に表現する場として新たに立ち上がった「THE FIRST TIMES」は、最新の音楽ニュースやインタビューなどのテキストコンテンツに加え、音楽の知られざるヒストリーを発掘するドキュメンタリーコンテンツ、人の成長をリアルタイムで追体験するエデュケーションコンテンツなどを幅広く今後配信していく予定。まずはその一部となるニュースからスタートするという。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ