本文へ移動

【阪神】佐藤輝、連続試合安打は「5」でストップ 7回にボール直撃し途中退場も矢野監督 「全然大丈夫」

2021年6月24日 21時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回表無死、佐藤輝を空振り三振に仕留めた岡野

2回表無死、佐藤輝を空振り三振に仕留めた岡野

◇24日 中日0―6阪神(バンテリンドームナゴヤ)
 阪神の怪物ルーキー、佐藤輝明右翼手(22)=近大=が途中退場した。
 「5番・右翼」でスタメン出場し、空振り三振、一飛、右飛、空振り三振の4打数ノーヒット。7回の第4打席で空振り(三振)した山本のスライダーがそのまま左膝を直撃し、苦悶(くもん)の表情を浮かべてベンチに下がった。その裏からの守備で交代した。
 連続試合安打は5試合で止まり、連続マルチ安打は3試合でストップ。今回の中日3連戦は12打数4安打、1本塁打の1打点だった。
 試合後、矢野燿大監督(52)は佐藤輝の状態について「全然大丈夫」と話した。25日のDeNA戦(甲子園)の出場に問題はなさそうだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ