本文へ移動

阪神・マルテ「ランナーをかえすことに集中」代わったばかりの中日・藤嶋から6試合ぶり打点

2021年6月24日 20時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回表無死二、三塁、マルテが中前適時打を放つ。捕手郡司

5回表無死二、三塁、マルテが中前適時打を放つ。捕手郡司

◇24日 中日―阪神戦(バンテリンドームナゴヤ)
 阪神のジェフリー・マルテ内野手(30)が追加点をたたき出した。2点リードで迎えた5回。先発の岡野から近本と中野が連続長短打して無死一、三塁。中日の与田監督は岡野を諦め、藤嶋をリリーフに投入してきた。ここで中野が二盗に成功した後、マルテが中前打を放ち、1点を追加した。
 「打ったのはストレート。1、2番が良い形でチャンスメークしてくれたから、ランナーをかえすことに集中できたね。自分の仕事ができて良かったよ」
 21日に30歳の誕生日を迎えたばかりのマルテ。交流戦が終了してから、今季初の3試合連続ノーヒットなど打率は下降線をたどっていただけに、6試合ぶりの打点を浮上のキッカケにしたいところだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ