本文へ移動

シントトロイデン・橋岡大樹「最後にいとこ同士で笑って写真を」走り幅跳びで五輪狙う橋岡優輝にエール

2021年6月24日 19時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
いとこの優輝と「Wメダル」獲得を目指す橋岡(©STVV)

いとこの優輝と「Wメダル」獲得を目指す橋岡(©STVV)

 東京五輪のサッカー男子日本代表に選出されたDF橋岡大樹(22)=シントトロイデン=が24日、オンラインで記者会見に臨み、この日開幕した陸上日本選手権の男子走り幅跳びで五輪出場を狙ういとこの橋岡優輝(22)との“Wメダル”を目標に掲げた。
 橋岡の父親の兄が優輝の父親という関係で、同い年の2人は幼少期から家族ぐるみの付き合いがある。橋岡は「(優輝は)メダルを取りそうな勢いがある。僕たちは団体として絶対に金メダルを取って、最後にいとこ同士で笑って写真を撮りたい」と意気込みを語った。
 今年1月末に移籍したベルギー1部で自信を深めたという橋岡は「選ばれることは目標だがゴールではない。本大会で絶対に活躍することが目標なので、そこまでやり遂げたい」と力を込めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ