本文へ移動

侍ジャパン稲葉監督「貴重な左投手」中日・大野雄への信頼変わらず、先発起用を改めて明言【東京五輪】

2021年6月24日 19時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
稲葉監督と与田監督

稲葉監督と与田監督

 東京五輪に出場する野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(48)が24日、中日―阪神戦(バンテリンドームナゴヤ)を視察した。
 中日から唯一、代表に内定している大野雄大投手(32)については「先発として考えています。貴重な左投手。先発で期待しています」と先発起用を改めて明言。大野雄と、同じく代表に内定している阪神・青柳が投げ合った22日の同カードをチェックしていたそうで「2人とも勝ちたい気持ちが出ていた。特徴を出していたと思います」と話した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ