本文へ移動

健診記録、予防接種管理に育児情報も 7月から飯田市、子育てアプリ導入

2021年6月24日 05時00分 (6月24日 15時08分更新)
子育て応援アプリの画面を紹介する市職員=飯田市地域交流センターで

子育て応援アプリの画面を紹介する市職員=飯田市地域交流センターで

 飯田市は七月一日から、スマートフォンやパソコン、タブレット端末で子供の検診記録などを確認できる「いいだ子育て応援アプリ」の運用を始める。妊娠中の健診記録や乳幼児検診の記録のほか、子どもの予防接種の管理、育児情報の受け取りなどができる。(飯塚大輝)
 スマートフォン向けコンテンツ事業を手掛ける会社「エムティーアイ」(東京)のアプリ「母子(ぼし)モ」を活用する。母子手帳の情報を入力するとグラフなどで視覚的に確認でき、医療機関で母子手帳を忘れた場合などにアプリで代用できる。飯田下伊那地域では松川町が四月から導入している。市が...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧