本文へ移動

<波の詩> 声なき声

2021年6月24日 05時00分 (6月24日 13時27分更新)
 「もう体力の限界。二人で死ぬ」。検察官や弁護士から何度も読み上げられた言葉。長年の介護に限界を感じた母親の胸中だが、法廷で本人から直接語られることはなかった。
 二人暮らしだった障害のある次女を殺害したとして、殺人罪に問われた母親の裁判。母親の刑事責任能力の有無や程度が争われたが、津地裁は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧