本文へ移動

【ロッテ】1位ルーキー鈴木6回1失点好投 松田被弾には「失投という感じせず」と脱帽

2021年6月23日 22時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
力投するロッテの先発・鈴木昭汰

力投するロッテの先発・鈴木昭汰

◇23日 ロッテ1―1ソフトバンク(9回規定により引き分け、ZOZOマリン)
 先発したロッテのドラフト1位左腕・鈴木昭汰投手(22)が6イニングを3安打1失点と好投し、先発ローテの座を死守した。今季2勝目こそ逃したものの、4月25日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)以来となる今季4度目のクオリティースタート(先発で6イニング以上投げて自責点3以下)をマークした。

 今月4日のDeNA戦(横浜)以来の先発で、5月には中継ぎ投手も経験。「1球の重みというのは中継ぎは先発以上に大事。それを知るいい期間だった」と前向きに捉えた。
 3回には松田に唯一の失点となる同点ソロを打たれた。内角低めを鋭く突いた148キロのストレートを左翼席に運ばれた。「打った松田さんがすごい。あれが失投だったなという感じはしなかったんで。しようがない」とシャッポを脱いだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ