本文へ移動

射水神社・国幣中社列格150周年 御朱印1000枚 限定授与

2021年6月24日 05時00分 (6月24日 05時03分更新)
国幣中社列格150周年記念の限定御朱印と印章版木台帳を見せる田中天美権禰宜=高岡市の射水神社で

国幣中社列格150周年記念の限定御朱印と印章版木台帳を見せる田中天美権禰宜=高岡市の射水神社で


 射水神社(高岡市古城)は二十三日、国幣中社列格百五十周年を記念して復刻した御朱印の授与を始めた。千枚限定。
 神社は一八七一(明治四)年五月十四日に太政官布告第二百三十五号により県内で唯一、最高位の国幣中社に列格した。国幣中社の文字が入っている一九二九(昭和四)年の御朱印が神社のデジタル資料にあり、さらに明治期以降の印章版木台帳に印影が残されていたことから市内のはんこ店「中村三光堂」に復元を依頼。店の職人が手彫りの独特の風合いを再現した。
 当時の御朱印「國幣(こくへい)中社射水神社」(縦横六センチ)、神鏡型印(縦横四センチ)、社務所印(縦横三・三センチ)と、国幣中社列格百五十年記念を示す角印(縦三・五センチ、横一・五センチ)を菊花文様の和紙に押し、射水神社と参拝日を墨書してある。
 田中天美権禰宜(たかみつごんねぎ)(35)は「御朱印は崇敬、参拝の証しであり、神様とのご縁を結んでいただき、国幣中社の歴史に理解を深めてもらえれば」と話す。
 御朱印は毎日午前九時半〜午後五時に授与所で受けることができる。初穂料は五百円。 (武田寛史)

関連キーワード

PR情報