本文へ移動

県の絶滅危惧種 こんなに 昆虫館 237種を標本などで紹介 21年ぶり再発見 カワラゴミムシも

2021年6月24日 05時00分 (6月24日 05時03分更新)
21年ぶりに再発見されたカワラゴミムシ(左手前)などの貴重な絶滅危惧種が展示された企画展の会場=白山市八幡町で

21年ぶりに再発見されたカワラゴミムシ(左手前)などの貴重な絶滅危惧種が展示された企画展の会場=白山市八幡町で


 県のレッドデータブックで絶滅危惧種とされている昆虫を紹介する企画展「石川県の絶滅のおそれのある虫たち」が二十三日、白山市八幡町の県ふれあい昆虫館で始まった。絶滅危惧種の昆虫二百三十七種の標本や生体を見ることができる。十一月二十三日まで。 (吉田拓海)
 昨年三月末に約十年ぶりに改定された「いしかわレッドデータブック2020」に記載された昆虫について、写真パネルや標本、生きている虫などを展示して紹介している。
 県のレッドデータブックは、開発の影響などで生息地が失われ、絶滅の危機にさらされている野生動植物を選定し、特徴や生息地などを取りまとめている。
 二〇〇九年には百七十二種の昆虫が記載されていたが、宅地開発や太陽光電池の設置、護岸工事などの影響で県内の生息環境が減少したことも影響し、最新の二〇年版では二百六十五種が記載された。水辺にすむ昆虫が特に数を減らしているという。
 展示コーナーでは水色の体色が美しいルリイトトンボや、二十一年ぶりに再発見されたカワラゴミムシなどの貴重な昆虫を展示。質問コーナーは工夫を凝らし、来場者が足元のペダルを踏むと回答が表示される非接触型にした。「レッドデータブックにのっている虫は採集していいの?」などの疑問に答えている。
 同館の石川卓弥学芸員は「生息地が減っている昆虫が多くいると知ってもらえれば」と話している。

関連キーワード

PR情報