本文へ移動

桐生 痛めたアキレス腱「完全に治ってない」2大会連続五輪へ「結果残したい」【陸上日本選手権】

2021年6月23日 18時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
桐生祥秀

桐生祥秀

◇23日 陸上・日本選手権(東京五輪代表選考会、24~27日大阪・ヤンマースタジアム長居)男子100メートル出場選手前日会見
 2大会連続の五輪代表を目指す桐生祥秀(25)=日本生命=だが、5月下旬に痛めた右アキレス腱(けん)について「完全には治っていない状況で、布勢スプリント以降ほぼほぼ走り込みはできていないが、明日、あさっての3本をしっかりやって結果を残したい。痛みを取ることを最優先にやってきた」と打ち明けた。それでも「走りに関しては技術は上がっている。どんな状況でも同じように走れている」と前を向いた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ