本文へ移動

BiSHのアイナ・ジ・エンドと映画「孤狼の血 LEVEL2」のコラボ曲「ロマンスの血」解禁

2021年6月23日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「孤狼の血 LEVEL2」とのコラボが決まったアイナ・ジ・エンド

映画「孤狼の血 LEVEL2」とのコラボが決まったアイナ・ジ・エンド

 楽器を持たないパンクバンド「BiSH」のアイナ・ジ・エンド(年齢非公表)が映画「孤狼の血 LEVEL2」(白石和彌監督、8月20日公開)との企画で書き下ろしたコラボ曲「ロマンスの血」が23日、解禁される。東映のユーチューブチャンネルで公開され、アイナは「暴れたくても暴れられない、自分の中での葛藤を悲鳴のような形で歌い上げました」とコメントした。
 2018年に公開された「孤狼の血」は、日本アカデミー賞で役所広司が最優秀主演男優賞に選ばれるなど各賞を獲得。続編となる「LEVEL2」は、広島の裏社会を収めていた伝説の刑事・大上(役所)亡き後、その遺志を受け継いだ刑事・日岡秀一(松坂桃李)を主人公に描かれている。
 「LEVEL2」はさまざまな分野とのコラボ企画「コロウノチVS」を展開する。アンナが初陣を飾り、自身初となる映画タイアップ曲を書き上げた。今作を鑑賞して「『久々にとんでもないものを見た』というのが一番の感想でした」と驚きつつも、「いろいろなキャラクターにも共感することができて、スラスラと作詞作曲ができました」と納得の仕上がりとなったという。
 白石監督は「孤狼から超カッコいい曲が生まれた! 『ロマンスの血』を聞いたら、あのキャラクターやあの場面を膨らませて、スピンオフを作りたくなる! そう、なんもかんもぶっ飛ばして生きなきゃ損! アイナさんありがとうございます!」と喜んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ