本文へ移動

キスマイ藤ヶ谷太輔 主演「ドン・ジュアン」2年ぶり再演決定 さらに色気パワーアップ

2021年6月23日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2年ぶりにドン・ジュアン役を演じる藤ヶ谷太輔

2年ぶりにドン・ジュアン役を演じる藤ヶ谷太輔

 2019年8~10月に上演されたアイドルグループ「KisーMyーFt2」の藤ヶ谷太輔(33)主演ミュージカル「ドン・ジュアン」(生田大和演出)が、2年ぶりに再演されることが決まった。藤ヶ谷は「愛」とともに自らの成長ぶりを見せるつもりだ。10月7~17日まで大阪・梅田芸術劇場 メインホール、同21日~11月6日まで東京・TBS赤坂ACTシアターで上演される。
 モリエールの戯曲であり、モーツァルト作のオペラ「ドン・ジョヴァンニ」などでヨーロッパを中心に広く知られる伝説上の放蕩(ほうとう)児ドン・ジュアン(英語ではドン・ファンとも呼ばれる)の物語をフェリックス・グレイ作曲による情熱あふれる名曲でミュージカル化。2004年にカナダで初演され、その後パリや韓国でも上演され、16年に宝塚歌劇で日本初上演された。
 藤ヶ谷が演じるドン・ジュアンはあまたの女たちを魅了する色男。スペイン・アンダルシア。毎夜、欲望の赴くままに女と酒を求め続けて放蕩の限りを尽くすが、いつしか、「真実の愛」によって変貌していく。
 2年前、演出の生田さんから「無謀かもしれないけれど、僕と冒険に出てみませんか」という“口説き文句”に誘われ、今作でミュージカルに初挑戦した藤ヶ谷は「最初は楽譜もほとんど読めず、歌稽古では楽譜の読み方から始まりましたし、フラメンコもフェンシングも初めての経験でした。今思うとよくキャスティングしてくださったなと思うのですが…」と述懐しながら「ミュージカルで、自分の心がこんなにも動くとは思ってもみませんでした。自然に涙が出てきたり、怒ったり…二十数曲、ライブよりも多いような曲数に苦戦もしましたが、その苦しみがドン・ジュアンの苦しみにも通じるところがあったのかも、とも思います」と自己分析した。
 そして、「今またこの作品に再会して、また新たな冒険に出られるのかと思うとワクワクします。カンパニーみんなで愛をもって良い作品をつくって届けたいと思っています」と気を引き締めた。さらに色気をパワーアップさせた藤ヶ谷がファンをメロメロにする。
 ヒロインのマリア役は元宝塚歌劇団トップ娘役の真彩希帆(まあや・きほ)。今年年4月に宝塚を退団後、初の舞台出演作となる。演じるにあたり「藤ヶ谷さんとは初めてご一緒させていただきますが、直接お会いして物事に真摯(しんし)に向き合われる方だと感じました。役としてどんなお話ができるか、そして男性とのデュエットも初めてなので、それもすごく楽しみにしています」とコメントを寄せた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ