本文へ移動

【富山】顔認証で玄関開閉 YKK AP 新スマートドア

2021年6月23日 05時00分 (6月23日 09時51分更新)
新スマートドアを紹介する堀秀充社長(YKK AP提供)

新スマートドアを紹介する堀秀充社長(YKK AP提供)

 YKK AP(東京)は顔認証によって施錠や解錠ができる住宅用玄関ドア「新スマートドア」を十月二十五日に発売する。
 二十人まで登録が可能。ドアから四十〜八十センチの距離で認証する。赤外線発光ダイオード(LED)で夜間の認証にも対応。マスク着用時は認証しない。
 参考価格は四十五万円(税、現場搬入費など別)。同社が三月、住宅購入希望者を対象に行った意識調査では、玄関扉の施錠・解錠の機能として顔認証を魅力に感じる人が最も多かったという。
 オンラインの商品発表会で堀秀充社長は「顔が鍵になるのが一番の売り。利便性の向上や安心安全にもつながる自信作なので、普及させていきたい」と意欲を述べた。 (高本容平)

関連キーワード

PR情報

北陸経済ニュースの新着

記事一覧