本文へ移動

池松壮亮は「作品に誠意を感じられる役者」オダギリジョーが逸材と絶賛  映画「アジアの天使」

2021年6月22日 20時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
(左から)池松壮亮、オダギリジョー

(左から)池松壮亮、オダギリジョー

 俳優の池松壮亮(30)とオダギリジョー(45)が22日、東京都内で行われた映画「アジアの天使」(石井裕也監督・7月2日より全国公開)プレミア上映会に登壇した。
 小説家の青木剛(池松)が、渡韓し疎遠になっていた兄(オダギリ)とソウルで再会。さらに元人気アイドルとの出会いをきっかけに“新しい家族の形”を築いていく。
 オダギリは「(池松と)共演はありましたが、芝居を交わすのは初めて。それは、もうステキでした」とニッコリ。続けて「作品に誠意を感じられる役者、それを現場の池松君から感じることができた。とても貴重で、日本映画を引っ張っていく逸材だと思います」と笑みを深めた。
 逆に、池松はオダギリを「数え切れないくらい助けてもらったし、笑わせてもらいました。現場でたくさんのピンチがあったんですけど、その度に助けてくださった。オダギリさんはほんとに“天使”ですね」とタイトルにかけつつ褒めちぎった。
 撮影は2020年の2~3月にかけてオール韓国ロケで行われた。コロナ禍に加えて池松は、当時の両国関係が不安定だったことにもにも触れ「この映画が(日韓の)架け橋になれればと思います。同じように日々、架け橋として活動されているNiziUのみなさんに見ていただきたいですね」と笑顔でアピールした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ