本文へ移動

【高校野球】三重は春Vの津商、昨秋Vの三重など軸 好投手擁する津田学園や白山も力秘める

2021年6月22日 19時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
津商・出口投手

津商・出口投手

◇22日 第103回全国高校野球選手権・三重大会組み合わせ抽選会
 ◆三重展望
 春の県大会を制した津商はエース右腕・出口が安定し、打線も切れ目がない。昨秋県王者の三重は遊撃手の品川ら好選手がそろい、頂点に立つ力を秘める。
 津田学園は大型右腕、窪田を中心に秋8強、春準優勝と県上位をキープした。松阪商、海星も安定した力があり、優勝争いに絡みそう。プロ注目右腕、町がいる白山や菰野、桑名工も好投手を擁して上位をうかがう。
 宇治山田商、松阪の戦いぶりも楽しみ。秋春ともに県大会出場を逃した、いなべ総合の巻き返しにも注目したい。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ