本文へ移動

橋下徹さん、五輪発言減の小池都知事を分析「今は身を引いて菅首相を盾にしているが五輪が進んできたら…」

2021年6月22日 16時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
橋下徹さん

橋下徹さん

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹さん(51)は22日、TBS系の情報番組「ゴゴスマ~GOGO! Smile!」にリモート出演し、東京五輪開幕を前に、五輪に対する発言が減っている東京都の小池百合子知事(68)について「今は身を引いて菅首相を盾にしているが、五輪が進んできたら前面に出てくる」と今後の動きを分析した。
 番組では東京五輪の競技会場での酒類販売について小池知事が「組織委員会が担当して調整していると聞いています」などと距離を取った発言を紹介し、司会の石井亮次アナウンサー(44)から「小池さんはオリンピックについて言葉数が少なくなっている」と問われた橋下さんは「(小池さんは)うまいですねぇ。本当にうまいですよ。本当は都市開催の責任者は小池さんなんですよ。でも本当に危ないときはきゅっと身を引いて、菅さん(首相)を前面に、盾に使うわけですから」とコメントした。
 さらに橋下さんは「菅さんにバンバン弾を当てて、菅さんがぼろぼろになりながら、オリンピックが進んできたら、今度は小池さんが前面に出てきますよ。着物をバチッと着て、世界に向けてあいさつをする。民主国家の政治家としてはこれ以上の政治的振る舞いはないですよ」と語り、そして「後は有権者が判断することなんですけど」と締めくくった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ