本文へ移動

【楽天】2年ぶりの6連敗に石井監督「いいリズムで試合を進められなかった」首位陥落も「順位に興味がない」

2021年6月22日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
石井一久監督

石井一久監督

◇21日 楽天3―4オリックス(楽天生命パーク)
 楽天は7投手をつぎ込みながら1点差負けで2年ぶりの6連敗。石井監督は「全体的に今日(だけ)っていう感じじゃなく後手後手になっていいリズムで試合を進められなかった」と2カード連続の3連敗を悔しがった。
 先発・滝中を3イニングで降ろし、勝ち試合の継投策も実らない。打線も8回に島内の2点二塁打で2点を奪い1点差に迫ったが、反撃もここまで。石井監督は「苦しい時期は必ずあるので、はね返していくのが将来的なチーム力に還元される」と必死に前を向いた。
 6連敗で首位も陥落。指揮官は「みなさん(報道陣)は僕に瞬間的に(順位について)聞くんですけど、あんまり興味がない。遠くを見据えると足をすくわれる。一戦一戦やっていかないと…」と自分に言い聞かせるように話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ