本文へ移動

美 少年が戦隊ヒーローに変身! ジャニーズ×東映!! スカッと悪を討つ メンバー6人全員が主役

2021年6月22日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アカレンジャー(後列中央)との共演を果たす美 少年。前列左から浮所飛貴、佐藤龍我、岩﨑大昇、那須雄登、後列は藤井直樹(左)と金指一世

アカレンジャー(後列中央)との共演を果たす美 少年。前列左から浮所飛貴、佐藤龍我、岩﨑大昇、那須雄登、後列は藤井直樹(左)と金指一世

 テレビ朝日は21日、ジェイ・ストーム(ジャニーズ事務所)と東映との初の共同制作で、ジャニーズJr.グループ「美 少年」のメンバー6人全員を主演に迎えた同局系ドラマ「ザ・ハイスクール ヒーローズ」(土曜午後11時)を7月31日から放送することを発表した。東映が持つ特撮・ヒーロー作品のノウハウと、ダンスや舞台で鍛えられたジャニーズメンバーの魅力が融合。スカッと悪を討つイケメンの高校生戦隊が土曜の夜を熱くする。
 昨年7月、テレビ朝日系「真夏の少年~19452020」でグループ全員でのドラマ初主演を果たした美 少年が、今度は全員で学園の平和を守る戦隊ヒーローに“変身”する。
 舞台となるのは、創立100周年を迎える小中高一貫教育の五星(いつぼし)学園。学業優秀な生徒がそろう一方、SNSや成績、恋愛、部活動など高校生ならではのさまざまなトラブルも抱えている。しかし、園長は学園のイメージを守るため、問題を隠蔽(いんぺい)。“人が持つ弱い心”から生まれる魔人を利用して、自身がこの10年懸けてきた、壮大な野望の実現をもくろむ。
 学園の平和を守るべく、ゴレンジャーオタクの主人公の高校生・真中大成が5人のメンバーを集めて戦隊を結成。6人は時に対立しながらも少しずつ友情を深め、団結して巨悪に立ち向かう。そして、今作には46年前に放送された「秘密戦隊ゴレンジャー」も登場。リーダーのアカレンジャーがたびたび真中を励ましながらともに戦うことも。
 真中役の岩﨑大昇(18)は「最初は“学園モノ”と聞いていたのですが、実際はまさかの“戦隊ヒーロー”でびっくりしました! 小さいころは見ている側だったヒーローに、今回は僕たちが挑戦するというのが、とても感慨深いですし、それを僕たち美 少年6人でやらせていただけるというのがうれしくて、今は期待で胸がパンパンです」と喜びを語った。
 その上で自身が演じる真中について「ちょっとおバカなところもあるんです。でもただのバカではなく、みんなに愛されるバカ。とにかく真っすぐな男で、それでみんなを引っ張っていきます。髪の毛も、これまでで一番短く切りました! 愛される男を頑張って演じます!」と気合十分だ。
 【他のメンバーの役どころとコメント】
 ▼佐藤龍我(18) 学園一の運動神経を持つバスケットボール部員・土門龍平役。「家があまり裕福ではなく、苦労をしているんですが根はすごく優しい。ちょっと抜けているところもあるのですが、自然体で演じられる役です」
 ▼那須雄登(19) 学園一の偏差値を誇る野球部のエース投手・滝川雄亮役。「学校に一人はいるようなスーパーマンです。僕自身も野球をやっていたので、そのときの気持ちを思い出して、今頑張っています」
 ▼浮所飛貴(19) 3年連続生徒会長を務める学園一のカリスマ・大浦飛馬役。「僕も中学のときに生徒会長をしていましたので、役作りに生かせたらいいなと。ひとひねりあるキャラクターなので、ぜひご注目ください!」
 ▼藤井直樹(20) 学園一の人気者でダンス部部長・森村直哉役。「学年一モテる男です! 最初役柄について聞いたときは、Sexy Zoneの中島健人くんのような人物を思い浮かべました。役作りに生かせたらと思います」
 ▼金指一世(17) 美術部所属の人気イラストレーター・桜井一嘉役。「中性的な子で、実は内に秘めているものがあって難しい役どころでもあります。しぐさや身ぶりなどにも気を使って、バランスよくお芝居していけたら」
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ