本文へ移動

令和の男女デュオ「まるりとりゅうが」渾身のファーストフルアルバム完成 30日リリース

2021年6月22日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
初のフルアルバムについて熱く語ったMaRuRi(手前)とRyuga

初のフルアルバムについて熱く語ったMaRuRi(手前)とRyuga

  • 初のフルアルバムについて熱く語ったMaRuRi(手前)とRyuga
  • アルバム「まるりとりゅうが」のCDジャケット。「先入観抜きにして曲を聴いてほしい」との思いで目元を写さないカットに
 女性シンガーMaRuRi(24)と、シンガー・ソングライターのRyuga(23)によるユニット「まるりとりゅうが」が30日にファーストフルアルバム「まるりとりゅうが」をリリースする。SNSを通じて同世代を中心に絶大な人気を集める2人は、継続が難しいとされる男女デュオの形式にあえて挑み、理想の音楽を次々と制作。「2人の全てが詰まった作品」と自信を持って届ける渾身(こんしん)の一作が仕上がった。(江川悠)
 18年4月に始動し、デビュー曲「気まぐれな時雨」が配信チャートで1位を獲得。19年には「レコチョク上半期サブスクランキング」の新人アーティストランキングで1位を獲得したまるりとりゅうが。これまでに「はじめまして。」「お見知りおきを」「改めまして。」と題した3枚のミニアルバムをリリースしているが、この自己紹介シリーズが完結し“第2章”の扉を開くフルアルバムが完成した。
 同作はこの3作の代表曲のほか、アニメ「恋と呼ぶには気持ち悪い」のエンディングテーマ「リナリア」、先行配信曲「シール」など12曲を収録している。MaRuRiは「2人のパートがあって、ハモったり男女で歌っているのを含めて『ウチらってこういうアーティストなんだ』というのがやっと見つかった。いろいろあったけど、今回のフルアルバムで、ユニットを組んでよかったとマジで心から思えた作品ですね」と胸を張った。
 MaRuRiは歌手を目指して福岡から上京後、ニューヨーク留学から帰国したばかりのRyugaと同じライブに出演した際にツイッターを交換したことが運命の始まりだった。約1年後、Ryugaがツイッターに載せたオリジナル曲をMaRuRiがカバーして動画を載せたのがきっかけで、2人で一緒に配信をするようになり、レコード会社のプロデューサーから男女ユニット結成を持ち掛けられたのだった。
 「シンプルに声の相性がよかった。Ryuga君の声が入ることによって自分の声もよく聞こえるし、一人のときには出ない音が重なったときに出るなと思った」とMaRuRiは賛同。Ryugaも「言葉じゃ表せないような相性もある。楽曲の好みとか声質とか、全部が奇跡的に合っていた」と述懐する。こうして運命に導かれるように組むことになった2人だったが、男女デュオならではの壁が立ちはだかった。
 デュエット曲を歌うために結成された企画ユニットならたくさん例がある。しかし男女ともにボーカルを務める「デュオ」となれば、いとこの「カズン」や夫婦の「Le Couple」(後に離婚)ら90年代後半までさかのぼらなければならない。なぜ男女デュオは数少なく、誕生しても長続きしないのか―。
 MaRuRiが「普通に話し合いとかしているときの価値観が男性と女性で全然違ったりしてけんかになっちゃったりする」と語れば、Ryugaも「『まるりとりゅうが』というひとりの人間ができあがっちゃって、半分半分だから自分のことのように感じる。けど、やっぱり別の人間だから『(あなたに)言われる筋合いはない』みたいなのが難しいところで…」と苦笑した。
 それでも2人が“破局”しなかったのは、音楽面では一度も衝突したことがなかったから。MaRuRiは「Ryuga君が作る音楽を歌うことを辞めたくないので、何度もけんかして何度も乗り越えて、『ほんとにこの2人で良かったね』と思えるのがこのフルアルバムなのです」とニッコリ笑った。
 Ryugaも「一回ぶっ壊れて抗体ができたみたいな感じ」と納得しながら「次は、MaRuRiが個人的にバラードチックなオーケストラ系の曲をずっとやりたいと言っていたので、作ってみようかと。今回のアルバムを全力で頑張って、まるりとりゅうがとしての要素を踏まえながら、いろんな状況が整ったら最強なものができると思う」とさらなるステップアップを誓った。
 2人は28日のTBS系「CDTVライブ!ライブ!」(月曜午後9時)に出演が決定。“令和の男女デュオ”が大ブレークの予感だ。
 ◆MaRuRi(まるり) 1997(平成9)年3月4日生まれ、福岡県出身。幼少期から高校3年生まで合唱団に所属し、声楽を学んだ。上京後ツイッターにC&Kの名曲「みかんハート」の歌唱動画を投稿したところ、フォロワーが爆発的に増加。抜群の歌唱力と、飾らず親しみやすいキャラクターとキュートなルックスで性別問わず支持を集めている。
 ◆Ryuga(りゅうが) 1997(平成9)年8月8日生まれ、北海道出身。高校時代、米ニューヨークに留学中、SNSで自作の楽曲を投稿したことをきっかけに、国内外から多大な反響を得る。現在は作詞作曲やSNS配信、自主企画イベントなどを自ら行い、プロデューサーとしてのセンスも発揮している。今年3月に慶応義塾大学商学部を卒業。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ