本文へ移動

茶摘みのコツは「一芯三葉」 松阪の観光施設で親子ら体験

2021年6月21日 05時00分 (6月21日 13時02分更新)
茶摘み体験をする親子ら=松阪市飯南町粥見で

茶摘み体験をする親子ら=松阪市飯南町粥見で

  • 茶摘み体験をする親子ら=松阪市飯南町粥見で
  • 収穫した葉を加熱し、手でもむ参加者=松阪市飯南町粥見で
 伊勢茶の産地、松阪市飯南町粥見にある観光交流施設「リバーサイド茶倉」で二十日、茶摘み体験があった。新型コロナウイルス感染拡大で中止となった五月五日の新茶祭りの代替イベントで、四十人の親子連れらが茶摘みを楽しんだ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧