本文へ移動

【MLB】大谷翔平、3戦連発で自己最多の23号2ラン!史上4人目の通算70発、100奪三振を達成

2021年6月21日 10時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイガース戦の5回、23号2ランを放ちベンチで祝福される大谷翔平(AP)

タイガース戦の5回、23号2ランを放ちベンチで祝福される大谷翔平(AP)

◇20日(日本時間21日) MLB エンゼルス―タイガース(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平選手(26)は20日、タイガース戦に「2番・指名打者」で先発出場し、シーズン自己最多となる23号2ランを放った。5回の第3打席で今季2度目の3試合連発となるアーチを中越えに運び、両リーグトップに並んだ。
 登板1日を挟んで6戦6発の大当たり。自身の年間本塁打数はメジャー1年目の2018年にマークした22本で、3年ぶりに自己記録を塗り替えた。大リーグ公式サイトも「打席が熱い。二刀流の大谷翔平はこの1週間は攻撃的だった」と伝えた。
 メジャー通算70本塁打に到達し、投手としては通算139奪三振をマーク。大リーグ公式サイトによると、通算70本塁打、100奪三振(K)以上を記録しているのはベーブ・ルース(714発・501K)、リック・アンキール(76発・269K)、ジョニー・リンデル(72発・146K)に次いで史上4人目だ。
 日本人6人目のメジャー通算200打点もマーク。日本人ではイチロー(780打点)、松井秀喜(760打点)、青木宣親(213打点)、松井稼頭央(211打点)、井口資仁(205打点)が記録している。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ