本文へ移動

<食リポ> 名古屋のおにぎり専門店・多司

2021年6月21日 05時00分 (6月21日 12時19分更新)
米屋の手づくりおにぎり多司・車道店=名古屋市東区で

米屋の手づくりおにぎり多司・車道店=名古屋市東区で

  • 米屋の手づくりおにぎり多司・車道店=名古屋市東区で
  • 炊きたての米を使い、一つ一つ手で握る=名古屋市東区の米屋の手づくりおにぎり多司・車道店で
  • 店頭に出すおにぎりを仕上げる従業員ら=名古屋市東区の米屋の手づくりおにぎり多司・車道店で
  • 大きなサイズが特徴。右からさけ、小えび天まぶし、枝豆のおにぎり=名古屋市東区の米屋の手づくりおにぎり多司・車道店で
 小学生のころ、記者(43)は少年剣道の遠征で、親が買ってきてくれたおにぎり専門店のおにぎりを食べるのが楽しみでした。祖父のやっていた農業が忙しく、外食にほとんど行かない家だったので、包み紙を開けて出てくる店のおにぎりに特別なものを感じていたのでしょう。そのお店は廃業してしまいましたが、幼少のころになじんだ味を思い起こさせてくれる専門店が名古屋市にありました。 (浅井俊典)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧