本文へ移動

吉川ナスバーガー すっかり鯖江の味 道の駅で発売

2021年6月21日 05時02分 (6月21日 09時58分更新)
今年も販売が始まった吉川ナスバーガー=鯖江市の道の駅西山公園で

今年も販売が始まった吉川ナスバーガー=鯖江市の道の駅西山公園で


 鯖江市の伝統野菜・吉川ナスを使ったハンバーガー「吉川ナスバーガー」の販売が、今年も道の駅西山公園(同市桜町三)で始まった。揚げた肉厚でボリューム感たっぷりの吉川ナスを三つの味で楽しめる人気メニュー。伊藤努駅長(54)は「テークアウトでも味わってほしい」とアピールしている。
 ソースは三種類。定番の甘みのある自家製みそを使用した鳥そぼろみそ、照り焼き、河和田地区の伝統薬味「山うに」を使って辛みのある山うにマヨネーズがあり、それぞれ人気がある。バンズは市内のパン屋「ヨーロッパンキムラヤ」で、挟むキュウリやトマト、レタスも地元産を使うなど、登場して八年目に入り、すっかり鯖江の味として定着した。
 一個三百五十円で、ポテト付きは五百円。十一月末まで販売する予定。(問)道の駅西山公園=0778(51)8181 (中田誠司)

関連キーワード

おすすめ情報

ふくい地域ニュースの新着

記事一覧