本文へ移動

阪神女子チームが関西予選突破、全国大会出場決める 野原祐也監督「代表に恥じない試合したい」

2021年6月20日 21時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先発して5イニングを無安打無失点に抑えた阪神タイガースWomenの植村投手(球団提供)

先発して5イニングを無安打無失点に抑えた阪神タイガースWomenの植村投手(球団提供)

 阪神球団が運営する女子硬式野球クラブチームの「阪神タイガースWomen(ウィメン)」は20日、第17回全日本女子硬式野球選手権大会関西予選(全日本野球連盟主催)で「淡路BRAVE OCEANS」と兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で対戦し、5―0の完封勝利を収め、8月7日から松山市で開催が予定される本大会に出場を決めた。
 先発左腕・植村美奈子投手は5イニングを無安打無失点に抑えて「今日はストライク先行で打たせて取る投球ができてよかったです。村松選手のリードも良く、チームが勝てて本当によかったです」とコメントした。
   ◇   ◇
 ▽阪神タイガースWomen・野原祐也監督「本戦出場を決める大事な試合ということで緊張感もあったと思うが、選手たちがよく準備をして臨んでくれた。先発した植村が試合をつくってくれたのと田口の先制打が大きかったと思う。本戦では、関西代表チームに恥じない試合をしたい」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ