本文へ移動

【阪神新馬戦】単勝1.3倍ダノンスコーピオン切れ味鋭い末脚で差し切ってデビュー戦V

2021年6月20日 17時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダノンスコーピオン

ダノンスコーピオン

 阪神5Rの新馬戦は単勝1・3倍の断然人気だったダノンスコーピオン(父ロードカナロア、母レキシールー、栗東・安田隆)が切れ味鋭い末脚で差し切ってデビュー戦V。川田は「調教で感じていた課題を随所に見せながらのレースでしたが、2着馬が伸びてくる中、まずは勝てたことが何よりです」とホッとひと息。安田隆師は「一瞬どきっとしたけど、地力で勝ってくれました。ただ、1回使ってこれから本当に良くなると思う。大物感がありますね」と期待を膨らませた。
 なお、川田&安田隆師のタッグは、前日のフェズカズマに続く2日連続の新馬Vとなった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ