本文へ移動

【中日】好投勝野を援護できず4カード連続の負け越し 福田の代打弾で1点返すもチャンスに一本が…

2021年6月20日 15時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回表2死一、三塁、空振り三振に倒れた堂上。捕手中村

8回表2死一、三塁、空振り三振に倒れた堂上。捕手中村

  • 8回表2死一、三塁、空振り三振に倒れた堂上。捕手中村
  • 8回表無死、代打福田が左越えに本塁打を放つ
 ◇20日 ヤクルト2―1中日(神宮)
 中日が、7回途中まで被安打ゼロと好投した先発・勝野昌慶投手(24)を援護できず、4カード連続の負け越し。借金は6月ワーストタイの「5」となった。
 勝野は、球数が今季初めて100球を超えた7回2死に初安打を許し、直後にヤクルトの代打の切り札・川端に先制2ランを浴びた。8回に勝野の代打・福田がソロ本塁打を放って追い上げたが、その後の1死一、三塁の好機でビシエドと堂上が倒れた。4回と6回、先頭の大島がいずれも安打を放って得点圏まで進んだが、中軸にあと1本が出なかった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ