本文へ移動

ヤマハ吹奏楽団が2年ぶり定演 浜松・アクトシティ

2021年6月20日 05時00分 (6月20日 05時03分更新)
 ヤマハ吹奏楽団の定期演奏会(中日新聞東海本社など後援)が十九日、浜松市中区のアクトシティ浜松大ホールであった=写真。新型コロナウイルスの感染拡大で昨年は中止したため、二年ぶりの開催。千二百人の観客が美しい音色に酔いしれた。
 団員や地元の高校生ら七十六人が出演。今年一月に常任指揮者に就任した佐々木新平さんの指揮の下、作曲家酒井格(いたる)さんに依頼して作った新曲「さよなら、カッシーニ」のほか、今年で生誕百周年を迎えた米国の作曲家・指揮者、故アルフレッド・リードさんの「ビバ・ムジカ!」など七曲を披露した。 (木造康博)

関連キーワード

PR情報