本文へ移動

寺内タケシさんとは40年来の付き合い…元HOUND DOG西山毅「残念と言う以上にショック」

2021年6月19日 22時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
寺内タケシさん

寺内タケシさん

 「エレキの神様」として1960年代のエレキブームをけん引したギタリストの寺内タケシ(てらうち・たけし、本名武=たけし)さんが18日午後8時37分、肺炎のため横浜市内の病院で死去した。82歳。茨城県出身。葬儀・告別式は近親者で行い、後日お別れの会を開く。喪主は長男章(あきら)さん。
     ◇
 寺内さんとギターを通して40年以上付き合いがあった元HOUND DOGのギタリスト西山毅(59)が訃報を受けてコメントした。
 「高校生の時にテレビ番組で寺内さんの曲をギター演奏したことが縁で知り合い、もう40年以上のお付き合いになりました。寺内さんのステージでは何度もギター演奏させていただきましたが、中でもブルージーンズの25周年や1年半前の81歳の誕生日での演奏は思い出の一つです。僕のギター人生に彩を与えて下さったのが寺内さんでした。残念と言う以上にショックの方が大きいです」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ