本文へ移動

HKT宮脇咲良、卒業コンサートで涙腺決壊 指原莉乃&兒玉遥も駆けつけ…「10年間、本当にありがとう」

2021年6月19日 21時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
卒業コンサートを行ったHKT48・宮脇咲良 (C)Mercury

卒業コンサートを行ったHKT48・宮脇咲良 (C)Mercury

 アイドルグループ「HKT48」の宮脇咲良(23)が19日、福岡市のマリンメッセ福岡で卒業コンサートを行い、OGの指原莉乃(28)と兒玉遥(24)も駆けつけ、集まったファン4000人を熱狂させた。
 宮脇は2011年7月のHKT1期生オーディションに合格、デビューすると一躍人気メンバーとなり、グループ総選挙の最高順位は18年の3位。19年10月から今年4月まで日韓合同グループ「IZ*ONE」のメンバーとして活躍し韓国でもブレークしていた。
 公演では乃木坂46の「サヨナラの意味」を歌唱中、メンバーたちからの惜別の言葉を受け宮脇の涙腺は決壊。その後は笑顔に戻ってパフォーマンスを繰り広げたが、HKTのヒット曲「スキ!スキ!スキップ!」などを披露した終盤の楽曲で指原と兒玉が登場すると涙が止まらなくなった。
 宮脇は最後に「(韓国から帰国して)この1カ月半、宝物のような時間でした。10年間、本当にありがとうございました」と感謝した。27日にHKT劇場で1期生による「壮行会」が行われる。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ