本文へ移動

【高校野球】日本ハム清宮の弟、早実の福太郎主将が最後の夏 ノーシードから2017年春以来の甲子園狙う

2021年6月19日 19時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
早実の清宮福太郎外野手

早実の清宮福太郎外野手

◇19日 第103回全国高校野球選手権大会(8月9日から17日間、甲子園)東西東京大会組み合わせ抽選会(東京・青山学院大)
 日本ハムの清宮幸太郎内野手の弟の福太郎外野手(3年)を擁する早実はノーシードで西東京を戦う。初戦は大成―田無の勝者と対戦。準々決勝進出を懸けた5回戦で今春敗れた国学院久我山と当たるブロックに入った。くじを引いた多湖巧マネジャー(3年)は「打撃に課題が多かったのでチーム全体でやってきた。主将の清宮が野球も普段もチームの中心」。清宮兄が3年だった2017年春以来の甲子園出場へ意気込んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ