本文へ移動

【巨人】坂本 通算250号はまた伝統の一戦!「オカンも喜んでくれているんじゃないですか」命日に節目弾

2021年6月19日 18時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回表2死、坂本が左越えにソロを放つ。通算250号本塁打を達成する

6回表2死、坂本が左越えにソロを放つ。通算250号本塁打を達成する

◇19日 阪神2ー6巨人(甲子園)
 頼りになる主将が節目の一発で勝利を運んだ。巨人・坂本勇人内野手(32)が1点リードの6回2死、左翼席へ8号ソロ。5月7日以来の本塁打は、通算250号となった。チームの勝利につながり「もちろんそこが一番良かった」と喜んだ。
 250本という数字については「250、打てるとは思いませんでした」と話したが、巨人では王貞治、長嶋茂雄、原辰徳、松井秀喜、高橋由伸、阿部慎之助に次いで7人目の偉業。また一つ、球団史に名を刻んだ。
 1号、100号、200号はいずれも阪神戦。またも宿敵から記念の本塁打となったことに「節目のホームランはタイガース戦がすごい多いし、オカンも喜んでくれているんじゃないですか」と坂本。この日は2007年に47歳で死去した母・輝美さんの命日でもあった。いつも応援してくれた母にささげるメモリアルアーチともなったことも、かみしめた。
 5回の守りではビッグプレーも。2死三塁で中野の高く弾んだ打球は投手の頭を越えたが、好ダッシュでさばいて間一髪アウトにし、同点を防いだ。「大きいですね。『アッ』という打球だったけど、しっかりさばいてくれた」と原辰徳監督(62)も目を細めた。1日で2位タイに返り咲き、阪神とは7ゲーム差としたが、見据えるのはとにかく目の前の一戦。頼りになる坂本もいる。勝ちを重ね、虎を追う。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ