本文へ移動

ロッテ、初回6失点重く… 相次ぐミスに井口監督「ああいう失点をしてしまうと追いつけない」

2021年6月19日 18時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・井口監督

ロッテ・井口監督

◇19日 西武7ー2ロッテ(メットライフドーム)
 ロッテは初回の6失点が重くのしかかった。1回に先発左腕の中村稔弥投手(24)が森に先制2ランを浴びたほか、レアードが捕球ミス、柿沼が挟殺プレーで悪送球と失点につながる失策を重ねた。井口資仁監督(46)も「連打され、エラーも絡んだ。ああいう失点をしてしまうと、なかなか追いつけない」と肩を落とした。これで貯金はなくなり、再び5位転落のピンチだ。
 8回の守備からは、中日からトレードで移籍した加藤匠馬捕手(29)が初出場。だが、自慢の強肩を披露する機会もなく、9回の打席では遊ゴロ併殺打に倒れた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ