本文へ移動

7人制ラグビー日本代表発表 主将は松井千士 「地元開催でいいパフォーマンスできる選手」【東京五輪】

2021年6月19日 18時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松井千士

松井千士

 日本ラグビー協会は19日、東京五輪の男女7人制日本代表各12人およびバックアップ選手4人を発表した。男子はリオ五輪代表の羽野一志、彦坂匡克、副島亀里、トゥキリ・ロテ、リオ五輪ではバックアップだった松井千士、藤田慶和ら。岩渕健輔ヘッドコーチ(HC)は「グラウンドの中でも外でも五輪アスリートとしてふさわしい行動ができ、地元開催のプレッシャーのかかった局面でいいパフォーマンスのできる選手を選んだ」と選考理由を説明した。主将は松井が務める。最年少は21歳の石田吉平(明大3年)。
 女子は平均年齢22歳という若い構成となった。2012年からサクラセブンズ(女子7人制日本代表)を主将としてけん引してきた中村、大黒田、山中が落選し、リオ五輪経験者は小出深冬のみ。男子日本代表でW杯4大会出場の松田努さんを父に持つ松田凜日(りんか)が最年少19歳で選出された。ラクロスから転向、ラグビー歴わずか2年の白子未祐も抜てき。清水麻有とバティヴァカロロ・ライチェル海遥の2人が共同主将を務める。ハレ・マキリHCは「金メダルを取りに行けるメンバーを選んだ」と強気にコメントした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ