本文へ移動

【楽天】涌井の登録抹消、石井監督が提案 代役にドラフト2位の新人・高田孝一投手を先発起用へ

2021年6月19日 15時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
涌井秀章

涌井秀章

 楽天の石井一久GM兼監督(47)はオリックス戦(楽天生命パーク宮城)が雨天中止になった19日、前夜のオリックス戦で4イニング5失点KOされた涌井秀章投手(34)の出場選手登録を抹消した。
 涌井は今季13試合で6勝5敗、防御率4・31。最近4試合は1勝3敗で18失点と不調だった。石井監督は涌井と直接、話し合い「間隔を空けていこうか」とローテを1回飛ばすことを提案。「自分のボールは投げることができているし、ちょっと空けて心も体もアジャスト(適応)していく期間があった方がいいんじゃないかという判断です」とその理由を説明した。
 代役としてドラフト2位の新人・高田孝一投手(23)を先発させる方針。指揮官は「目の前の1勝と同時に、次の世代を構築することが大事。見据えていかないといけない」と話した。 

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ