本文へ移動

【MLB】大谷翔平が今季初の1試合2発!! 20号&21号でエンゼルスタジアムは興奮のるつぼ シーズン48発ペース

2021年6月19日 13時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
もはや止まらない大谷翔平の打棒(AP)

もはや止まらない大谷翔平の打棒(AP)

◇18日(日本時間19日)エンゼルスータイガース(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平が登板日翌日も元気に「2番・DH」でスタメン出場。バットが火を噴いたのは第3打席だ。3点リードの5回1死一塁。カウント2ボール2ストライクから、弾丸ライナーで右翼席に突き刺す20号2ランをたたき込み、エンゼルスに主導権をもたらした。
 この一発に本拠地エンゼルスタジアムは興奮のるつぼ。大谷はチーム70試合目で20発の大台に到達し、シーズン46発ペースとなった。6回1死一、三塁の第4打席は相手左腕のスライダーの前に空振り三振。それでもエンゼルスはウォードにタイムリーが出て二桁の10点目を奪い、リードを9点に広げ、タイガースをさらに突き放した。
 第5打席は8回2死走者なし。2球目を得意の左中間席へこの日、2発目となる21号ソロをたたきこみ、今季初の1試合2本塁打となった。大谷はこの日、空振り三振、中飛、本塁打、空振り三振、本塁打の4打数2安打3打点となった。チーム70試合での21号は、シーズン48発ペースとなった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ