本文へ移動

国名勝「おくのほそ道の風景地」に湯尾峠を追加指定 文化審答申

2021年6月19日 05時00分 (6月19日 15時33分更新)
石垣や石段が残り、当時の面影を伝える湯尾峠=南越前町湯尾で(県教委提供)

石垣や石段が残り、当時の面影を伝える湯尾峠=南越前町湯尾で(県教委提供)

  • 石垣や石段が残り、当時の面影を伝える湯尾峠=南越前町湯尾で(県教委提供)
  • 松尾芭蕉が詠んだ句が刻まれた句碑=南越前町湯尾で(県教委提供)
  • 落井俊一さん
 国の文化審議会は十八日、俳聖松尾芭蕉の「おくのほそ道」に登場する南越前町湯尾(ゆのお)の湯尾峠を、国名勝「おくのほそ道の風景地」に追加指定するよう文部科学相に答申した。県内での同風景地の指定は、二〇一六(平成二十八)年に敦賀市曙町の気比神宮境内が指定されて以来二例目。 (波多野智月)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

福井の新着

記事一覧