本文へ移動

【阪神】西勇2カ月ぶり勝利でチーム今季2度目7連勝「2位との差を広げるように投げた」

2021年6月18日 21時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人戦に先発した阪神・西勇

巨人戦に先発した阪神・西勇

◇18日 阪神7―1巨人(甲子園)
 阪神の西勇輝投手(30)が約2カ月ぶりの白星をつかんだ。交流戦明けの初戦、7イニングを投げて5安打、5奪三振の1失点にとどめ、チームを今季2度目の7連勝に導いた。
 「この流れを止めないよう、2位との差を広げられるようにと思って投げた。7連勝という形にもってこれてよかった」
 制球力抜群の西勇ながら微妙に制球が狂い、4四球、1死球を与えた。それでも巨人に許した得点は4回のウィーラーの適時打による1点だけ。
 「苦しい中、梅野が最大限に引き出してくれた。たくさん点を取ってくれて、いいプレーも出て、チーム全体で勝てたと思う。この1勝を大事にして今後も投げていきたい」
 4月20日の巨人戦(東京ドーム)以来59日ぶりとなる今季4勝目。今季巨人戦は登板した3試合で全勝となった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ