本文へ移動

【楽天】涌井秀章がまさかの4イニング5失点KO オリ杉本&モヤに一発浴びわずか77球で降板

2021年6月18日 20時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回、オリックス打線につかまり、がっくりベンチに戻る楽天・湧井

3回、オリックス打線につかまり、がっくりベンチに戻る楽天・湧井

◇18日 楽天―オリックス(楽天生命パーク宮城)
 楽天の先発・涌井が背信投球。オリックスの主軸、杉本とモヤに本塁打を打たれるなど4イニングを6安打、5失点で降板した。
 わずか77球で石井GM兼監督が交代を告げた。交流戦優勝のオリックスとのリーグ再開初戦を迎えた楽天だが、こちらもパ・リーグ首位。石井監督は「得点をバンバン取るのではなく、有効な点を取って守り切るのがチームスタイル。そういう戦い方をしたい」と試合前に話していたが、想定外の試合展開となった。
 この3連戦、球団は「がんばろう東北」と題したイベントを開催。楽天生命パーク宮城内で東北各地の物産展を開いたり、試合前のグラウンドに巨大フラッグが広げられたりした。石井監督は「『おまえが頑張れ』と言われないように頑張らないといけないなと思います」とジョークを飛ばしていたが、打線も交流戦MVPの山本を攻めあぐねた。 

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ