本文へ移動

【中日2軍】岡林 先制の走者一掃適時二塁打 復調きっかけとなるか

2021年6月18日 20時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日岡林

中日岡林

◇18日 ウエスタン・リーグ オリックス3―7中日(オセアンBS舞洲)
 「6番・左翼」で先発出場した岡林勇希外野手(19)が1回2死満塁の場面で、先制となる走者一掃の適時二塁打を放った。
 直近の出場5試合で16打席1安打と苦しんでいた打撃。チャンスで回ると考えすぎてカウントを悪くする癖を直そうと「ストライクゾーンに来たら全部振ると決めた」。その言葉通り147キロの外寄り速球を左中間に運んだ。打撃向上のため、昨季を参考に調整中。復調のきっかけとなるかどうか。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ