本文へ移動

井上尚弥の眼力にいきなり挑戦者ビビり気味・・・防衛戦2日前ラスベガスで公式会見【ボクシング】

2021年6月18日 17時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
会見でポーズを取る(左から)井上尚弥、アラム・プロモーター、ダスマリナス(大橋ジム提供)

会見でポーズを取る(左から)井上尚弥、アラム・プロモーター、ダスマリナス(大橋ジム提供)

  • 会見でポーズを取る(左から)井上尚弥、アラム・プロモーター、ダスマリナス(大橋ジム提供)
  • 会見でポーズを取る挑戦者ダスマリナス(右)と井上尚弥(大橋ジム提供)
  • 会見後のフェースオフで目を伏せるダスマリナス(右)と視線をそらさない井上尚弥(大橋ジム提供)
  • 会見後に遭遇し笑顔を見せたWBC王者ドネア(右)と井上尚弥(大橋ジム提供)
 ボクシングのWBA・IBF統一バンタム級タイトル戦(19日=日本時間20日・米ネバダ州ラスベガス)に臨む同級王者・井上尚弥(28)=大橋=は17日(日本時間18日)、現地で行われた公式会見に出席。挑戦者のIBF同級1位マイケル・ダスマリナス(28)=フィリピン=と対面し「アメリカでの期待も感じています。明後日は求められているいい試合をしたい」と決意を示した。
 試合2日前の公式会見。恒例のフェースオフ(にらみあい)で、間近から井上尚の視線を浴びた挑戦者・ダスマリナスが何度も目を伏せ、視線をそらせた。闘志の差か、油断させるための作戦か。いずれにしても、格の違いは明らかだった。
 会見中も、司会者からこの試合を飛び越え、4団体統一について質問され、井上尚も「バンタム級での最強を示すには4つのベルトが必要」と応じた。今回の試合はIBFから義務付けられた指名試合で、4本のベルトをすべて集める通過点。それは米国メディアを含め誰もが理解していた。
 もちろんダスマリナスを甘く見てはいない。会見を終えた井上尚は日本で生中継するWOWOWの取材に応じ「ダスマリナスは以前と同じ、すごくいいやつという印象。そういうやつほどリングで牙をむいてくるので、そこだけは油断しないように」と警戒は緩めなかった。
 今回はラスベガスで自身初の有観客試合でもあり「かなり高いパフォーマンスが出せると思う。技術的にも見せながらしっかりとKOにつなげる。期待してください」とKOも予告した。
   ◇   ◇
 会見を終えた井上尚が、ホテル内で取材を受けていたWBC同級王者ノニト・ドネア(38)=フィリピン=と遭遇する一幕があった。2019年11月、世界中で年間最高試合に選ばれる激闘を演じ、リスペクトし合う両者は笑顔で拳を触れてあいさつ。ドネアが持っていたWBCベルトをじゃれて奪い合う場面もあった。
 再戦を希望するかと問われたドネアは「イエス!」と即答。4団体統一を目指す井上尚にとっても、ドネアはもちろんターゲットの1人だ。日本好きのドネアは日本語で「頑張って」とエールを送り、井上も手を上げて応じた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ