本文へ移動

【巨人】2年目・育成の平間隼人を支配下登録 イースタンで打率2位、出塁率はトップ「『キレキレ』な打撃、守備、走塁をアピール」

2021年6月17日 14時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人・平間隼人

巨人・平間隼人

 巨人は17日、育成の平間隼人内野手(24)を同日付で支配下登録したと発表した。徳島県出身。鳴門渦潮高から四国IL徳島を経て入団し今季が2年目。イースタン・リーグでリーグ2位の打率3割2分1厘、リーグトップの出塁率4割3分8厘と好成績を残し、16日からは1軍の練習に参加していた。背番号は002から93番になる。
 平間は球団を通じ、「やっとスタート地点に立てたなという思いですが、ここからが勝負だと思います。自分の持ち味である『キレキレ』な打撃、守備、走塁をアピールして、泥くさく全力プレーで頑張っていきます。応援よろしくお願いします」とコメントした。平間は18日の阪神戦(甲子園)から1軍に昇格する予定。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ