本文へ移動

74歳・湯原昌幸「あと15年は歌います!」70歳・南部なおとと「ダニーボーイズ」結成 ロックの聖地でデビューライブ

2021年6月16日 16時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新曲の発表会を行ったダニーボーイズの湯原昌幸(右)と南部なおと

新曲の発表会を行ったダニーボーイズの湯原昌幸(右)と南部なおと

 歌手の湯原昌幸(74)と南部なおと(70)が結成したデュオ「ダニーボーイズ」が16日、横浜市のライブハウス「ゴールデンカップ」でデビュー記念ライブを行った。
 同世代の人たちを歌で元気づけようと、親交があった2人が2年前からデュオ結成に向けオリジナル曲の制作を進め、デビューにこぎつけた。
 この日発売のデビュー曲「涙のサイドウォーク」は、懐かしい洋楽テイストにあふれた爽やかなナンバー。往年のファンが駆けつけたライブでは、同曲をはじめ「トワイライトLOVE」「別れのジルバ」などのオリジナル曲で沸かせた。
 ゴールデンカップは、かつて、グループサウンズの「ザ・ゴールデン・カップス」らを輩出したロックの聖地として知られている。
 伝統のステージでデュオのデビューを飾った湯原は「やっぱり生の歌で届けてこそ、このデビュー曲も生きます。コロナが終息したら、たくさんの人を集めてダンスパーティーなんかができたらいいですね。これからはソロとして、ダニーボーイズとして、元気で長生きをテーマに頑張っていきます。あと15年は歌います!」とアピール。会場には妻で歌手の荒木由美子(61)も駆けつけ「私たちの生活がかかってます。ヒットに力を貸してください!」とあいさつして笑わせた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ