本文へ移動

「女王」笹生優花、憧れロリー・マキロイを電撃訪問…すっかり”乙女”な夢心地【ゴルフ】

2021年6月16日 15時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
全米女子オープンの優勝トロフィーを手に、ロリー・マキロイと記念撮影する笹生優花(AP)

全米女子オープンの優勝トロフィーを手に、ロリー・マキロイと記念撮影する笹生優花(AP)

 【ラホヤ(米カリフォルニア州)テッド・ムース】2週前の最高峰女子メジャー、全米女子オープンを大会最年少で制した笹生優花(19)=ICTSI=が15日、男子メジャーの全米オープン(17~20日)が行われる当地のトーリーパインズGCを電撃的に訪れた。憧れの的でスイングが似ていると世界中で話題になっているロリー・マキロイ(英国)と初めて対面し、喜びにひたった。
 笹生はすっかりアイドルを目の前にした19歳の女性になっていた。2週前に手にしたカップを手に、大会関係者が操作するカートに乗って、練習ラウンド中のマキロイを直撃した。「おめでとう」と言いながら近づいてきたマキロイにハグされた。その後3ホール、浮き浮きした顔でプレーの動画を撮ったりあれこれ質問したりと、感激の時間を過ごした。
 笹生は今週、試合の予定はないが、クラブの調整や会食などのため同州を訪れている。せっかくなら男子のプレーも見たいという願いがかなって対面が実現した。報道陣に囲まれると「しゃべりました!」と大興奮。印象に残ったことを問われても「いやー、もう、全部です! すごく優しい方です!」と笑顔が止まらない。
 スイングのヒントももらったよう。「どこに気を付けているかとか。今後に役に立てばいいな。でも、自分とマキロイさんは全然比べものにならない」と言いながらも、教わったことをすぐにでも試したそう。「これからまたアドバイスとか聞けたらいいな。仲よくできるかどうか分からないけれど、ちょっと話せるくらいな感じになれればうれしいですね」と、ゴルフの強気な攻めとは対照的に、少し遠慮気味だった。
 その後は大会グッズの買い物を楽しんだ。米ツアーメンバーとしてのデビュー戦になる次週の全米女子プロ(ジョージア州)でメジャー連勝を目指す。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ