本文へ移動

最高気温45℃の酷暑! 井上尚弥、練習は暑さが峠を越えた午後5時から行う【ボクシング】

2021年6月16日 14時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジムワーク前にバンテージを巻く井上尚弥(大橋ジム提供)

ジムワーク前にバンテージを巻く井上尚弥(大橋ジム提供)

 米ラスベガスで19日(日本時間20日)に行われるWBA・IBF統一バンタム級タイトル戦のため現地入りしている同級王者の井上尚弥(28)=大橋=は15日(同16日)、契約する米プロモート大手トップランクのジムで2時間の練習を行い、本格的なジムワークを打ち上げた。
 この日のラスベガスは雲があったにもかかわらず最高気温45℃、最低気温でも28℃という酷暑で、練習は暑さが峠を越えた午後5時から行った。
 14日まで連日のように続いた現地メディアへの対応もこの日は小休止。16日はホテル内のジムで軽く体を動かして調整する。
 日本時間の16日には大橋秀行会長をはじめとする陣営の後続組も日本をたつ予定。フルメンバーとなってカウントダウンとなった試合に備える。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ