本文へ移動

菅野智之、坂本勇人も代表入り 故障の影響心配も…巨人からは中川と3選手 【侍ジャパン】

2021年6月16日 11時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中川、菅野、坂本

中川、菅野、坂本

 東京五輪に出場する野球日本代表「侍ジャパン」の代表内定24選手が16日、都内のホテルで発表された。巨人からは菅野智之投手(31)、坂本勇人内野手(32)がそろって選ばれた。
 日本代表の中心選手として期待される2人だが、ともに5月に故障のため離脱し、心配されていた。菅野は5月7日のヤクルト戦(東京ドーム)で右肘の違和感を訴え、翌日に出場選手登録を抹消。坂本は5月9日のヤクルト戦(同)で右手親指を骨折して離脱した。それでも、菅野は6月6日の日本ハム戦(同)で復帰登板を果たし、坂本は6月11日のロッテ戦(ZOZOマリン)で1軍に復帰した。
 坂本は復帰後の3試合で10打数4安打の打率4割。3試合連続安打を放ち、13日は適時打も放った。今季ここまでの成績は39試合の出場で打率3割7厘。7本塁打、16打点。
 菅野は今季8試合に登板し、2勝4敗、防御率2・72。復帰2戦目となった前回13日のロッテ戦(ZOZOマリン)は今季最多の4失点、今季最短の2イニング3分の2で降板し負け投手になったが、ここからどんどん状態を上げ、金メダルへチームを引っ張っていくことが期待される。
 このほか巨人からは中川皓太投手(27)も選出された。今季はすべてリリーフで31試合に登板、2勝2敗、1セーブ、14ホールド、防御率は3・64。

日本の代表24選手は以下の通り。
【投手】(=以下は主な国際試合など)
田中将大(楽天)=08年北京五輪、09、13年WBC
大野雄大(中日)=15年、19年プレミア12
菅野智之(巨人)=15年プレミア12、17年WBC
山本由伸(オリックス)=19年プレミア12
中川皓太(巨人)=19年プレミア12
山崎康晃(DeNA)=15、19年プレミア12
森下暢仁(広島)=初
青柳晃洋(阪神)=初
岩崎優(阪神)=初
平良海馬(西武)=初
栗林良吏(広島)=初
【捕手】
会沢翼(広島)=19年プレミア12
甲斐拓也(ソフトバンク)=19年プレミア12
【内野手】
坂本勇人(巨人)=13年、17年WBC、15、19年プレミア12
浅村栄斗(楽天)=19年プレミア12
菊池涼介(広島)=17年WBC、19年プレミア12
源田壮亮(西武)=19年プレミア12
山田哲人(ヤクルト)=17年WBC、15、19年プレミア12
村上宗隆(ヤクルト)19年国際親善試合メキシコ戦
【外野手】
鈴木誠也(広島)=17年WBC、19年プレミア12
柳田悠岐(ソフトバンク)=18年日米野球
吉田正尚(オリックス)=19年プレミア12
近藤健介(日本ハム)=19年プレミア12
栗原陵矢(ソフトバンク)=初
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ