本文へ移動

中日・大野雄大が自身初、チームで唯一の五輪代表入り 32歳、沢村賞男の夢ついに成就【侍ジャパン】

2021年6月16日 11時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
五輪日本代表に初選出の中日・大野雄大

五輪日本代表に初選出の中日・大野雄大

 東京五輪の男子野球日本代表「侍ジャパン」の出場内定選手発表会見が16日、東京都内で行われ、中日の大野雄大投手(32)が侍ジャパン入りを果たした。
 大野雄は2011年にドラフト1位で中日に入団。3年目の13年に初の2桁勝利を挙げた。昨季は6完封、10完投を含めて11勝6敗、防御率1・82で沢村賞を初受賞。今季はここまで3勝4敗、防御率3・49の成績を残している。
 シーズン前には東京五輪について「選ばれたい、日本代表の一員として出場したいと去年からずっと言い続けてます。それに変わりはないですね」と意気込みを語っていた大野雄。脂ののりきった左腕が自身初の五輪メンバー入りを決めた。
日本の代表24選手は以下の通り。
【投手】(=以下は主な国際試合など)
田中将大(楽天)=08年北京五輪、09、13年WBC
大野雄大(中日)=15年、19年プレミア12
菅野智之(巨人)=15年プレミア12、17年WBC
山本由伸(オリックス)=19年プレミア12
中川皓太(巨人)=19年プレミア12
山崎康晃(DeNA)=15、19年プレミア12
森下暢仁(広島)=初
青柳晃洋(阪神)=初
岩崎優(阪神)=初
平良海馬(西武)=初
栗林良吏(広島)=初
【捕手】
会沢翼(広島)=19年プレミア12
甲斐拓也(ソフトバンク)=19年プレミア12
【内野手】
坂本勇人(巨人)=13年、17年WBC、15、19年プレミア12
浅村栄斗(楽天)=19年プレミア12
菊池涼介(広島)=17年WBC、19年プレミア12
源田壮亮(西武)=19年プレミア12
山田哲人(ヤクルト)=17年WBC、15、19年プレミア12
村上宗隆(ヤクルト)19年国際親善試合メキシコ戦
【外野手】
鈴木誠也(広島)=17年WBC、19年プレミア12
柳田悠岐(ソフトバンク)=18年日米野球
吉田正尚(オリックス)=19年プレミア12
近藤健介(日本ハム)=19年プレミア12
栗原陵矢(ソフトバンク)=初
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ