本文へ移動

長打力つけるにはどうしたらいい?

2021年6月16日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 【質問】長打力をつけるには、どのような練習をすればいいですか。将来はプロ野球選手になりたいです。 (中野区 F君=小5)
 【答え】野球選手なら、誰もが遠くに飛ばしたい、ホームランを打ちたいと願っているでしょう。遠くに飛ばすには、ある程度のパワーとスイングスピードが必要です。そうは言っても、がむしゃらに力まかせで振り回すだけでは打球は飛びません。ホームランはヒットの延長といいます。正確にミートすることが必要です。小学生に限らず、パワーとミート力を高めるための練習としては、ロングティーがいいでしょう。
 ロングティーは、1、2メートルの近い距離からトスをしてもらい、外野に向かって思い切り打ちます。反発力の少ないトスしたボールは(1)いいタイミング(2)力強いスイング(3)バットの芯で捉える−などの条件がそろわないと遠くに飛びません。一球一球、目標を決めてフルスイングをするのでパワーと集中力がつきます。ボールをよく見て強振するので下半身がしっかりしてミート力も安定してきます。数をこなしているうちに、下半身を使わないとボールが飛ばないことも分かってきます。
 私は大学生を教えていたとき、打撃練習の一環として全員にロングティーをやらせました。プロ選手はシーズン中にも、スイングの軌道や下半身の使い方(特に軸足の意識)、ミートポイントの確認のためにやっています。(慶大野球部元監督)
 【水、土曜日連載】
◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。
〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ